駐車場のタイプ

駐車場のタイプにもいくつかの種類があります。これらのタイプについて紹介していきたいと思います。

まず、代表的な平面式の駐車場があります。
これは主にコインパーキングなどの時間がし駐車場によくあるタイプです。精算機を設置しておけば無人でも管理することができます。初期費用や維持管理費などのコストをかけずに始めることができるということでこれから駐車場を経営しようと思っている人にはおすすめですね。

しかし、収容台数には限りがあります。効率性で考えるならばやや不向きです。

プレハブ式の自走式立体型駐車場は2階建てのものが多く、プレハブ建物の中を自走しながら駐車する形態です。
ある程度の敷地があればメリットは高いです。

大型施設などの建物内を自走しながら駐車するタイプを建物式の自走式立体型駐車場といいます。大規模な収容施設の駐車場で周囲に駐車場になりそうな敷地がないのであれば向いている形態です。

本格的な駐車場経営に向いているのはタワー式の機械式立体型駐車場です。タワー内を垂直循環式エレベーターで移動させて車を駐車スペースまで運んでいきます。

多段式の機械式立体型駐車場は車を2段から4段ほど重ねて駐車できるものです。鉄骨を組み上げるだけの簡単な構造ですのでコストは経済的です。しかし利便性ではやや難があります。駐車場の確保が難しい地域ならば向いていますが、そうでないなら利用する人も少ないでしょう。

関西空港周辺で駐車場をお探しの人に耳寄りの情報はこちらです!